今日の出来事 雨でもないのに再び雨漏りを経験した私

屋根の塗り替えを業者にお願いをしました。
汚れを落とすため、高圧洗浄機できれいにしてもらった時のことです。
うちの中にいた私は、バアーっという洗浄機の機械の音とは違う、異様な音を耳にしました。
ババババっという低い音が、玄関と洗面所の天井から聞こえてきます。
ん?こ、これは何の音?はじめはわかりませんでした。
工事の音かと思ったからです。廊下へと移動した次の瞬間、頭からポチャリポチャリ。
よく見るとあちらこちらに雨漏りが!ひえー。
慌てて工事の方に告げたところ、瓦の下の防水材が古くなって、横からの水には耐えられないそうです。
上からの雨水なら大丈夫なのですが。
雨漏りがわかったこの後は、丁寧に作業をしてくださるそうです。
玄関の中にも雨漏しており、壁を伝って床には水たまりができていました。
絵の額は濡れてしまいましたが、娘が賞を取った書初めの作品に水はかかっていませんでした。
娘は習字が大の苦手です。
ですが、学校の先生に習った通りに、素直に書いたおかげで受賞することができたのです。
「銀賞」というスタンプが押されたこの作品は、もう同じものを再び作ることはできません。
ソフトバンク光 代理店 ランキング
私はこの作品(宝物)を守り抜くことができました。
濡れてしまったのは額縁ぐらいで、あとは何ごともなかったです。
以前住んでいたアパートでも、上階のリフォーム工事の際同じような出来事がありました。
家の中の人にとっては一大事です。
その時は、ベランダにまいた水が私の部屋の内壁に伝って入ってきました。
「二度あることは三度ある」…いつかまた、私に雨漏りがやってくるかもしれません。